白川茶

1.使用するお茶の品質、特性を知る。
2.水を選ぶ…お湯は一度沸騰したものをさまして使います。水道水は工夫しておいしい水を作ってください。カルキ臭の強いものは、汲み置きの上澄みを使うか、長く(5分くらい)沸騰させれば臭気は除けます。
3.お茶の種類によって、又お好みにあわせて適宜に茶葉の量、お湯の温度とお湯の量、 浸出時間を別表をみて組み合わせてください。
4.茶碗に濃淡の無いように回し注ぎし、最後の一滴まで急須に残さず均等に注ぎきって下さい。
  2煎(回)目は1煎(回)目より熱めのお湯を急須に注ぎ、一呼吸し、注ぎ分けてください。
5.お茶の有効成分は2煎目で殆ど出尽くしてしまいますので、茶葉をお取替えください。

1.一度沸騰させ湯冷ましに入れて4〜5分間冷まして下さい(50℃〜60℃)。
2.お茶の葉を急須に入れます。3人で10g(家庭にある大さじで軽く2杯分)。
3.茶わんのお湯を急須にいれて1分30秒くらいお茶が浸出するのを待ちます。
4.お茶をつぐ分量は均等に、廻しつぎしお茶は絞りきりましょう。
* 二煎目は冷ましたお湯を入れてから30秒くらい待ちます。
煎茶
1.沸騰させたお湯を湯冷ましに入れて2分間冷まして下さい(70℃〜80℃)。
2.お茶の葉を急須に入れます。3人で10g(家庭にある大さじで軽く2杯分)。
3.お湯を急須にいれて60秒くらいお茶が浸出するのを待ちます。
4.お茶をつぐ分量は均等に、濃淡のないように廻しつぎ、最後の一滴までお茶は絞りきりましょう。
* 二煎目は冷ましたお湯を入れてから10秒くらい待ちます。
かりがね

玉露や煎茶と同じようにぬるめのお湯を注いでもよいですし、番茶やほうじ茶のように熱湯でもかまいません。それぞれに違う味わいが出て楽しめます。

ほうじ茶
1.お茶の葉を急須に入れます。5人で15g(家庭にある大さじで軽く2〜3杯分)
2.一人分の湯量は130mg。だいたいお湯を急須にいれてお茶が浸出するのを待ちます。
3.お茶をつぐ分量は均等に、廻しつぎしお茶は絞りきりましょう。
* 二煎目は一煎目より熱めのお湯を急須につぎ、一呼吸しつぎ分けて下さい。
* お茶の有効成分は二煎目でほとんど出尽くしてしいますので、茶葉をお取り替えください。
玄米茶
1.お茶の葉を急須に入れます。5人で15g(家庭にある大さじで軽く2〜3杯分)
2.一人分の湯量は130mg。だいたいお湯を急須にいれてお茶が浸出するのを待ちます。
3.お茶をつぐ分量は均等に、廻しつぎしお茶は絞りきりましょう。
* 二煎目は一煎目より熱めのお湯を急須につぎ、一呼吸しつぎ分けて下さい。
* お茶の有功成分は二煎目でほとんど出尽くしてしいますので、茶葉をお取り替えください。

* 封を開けたお茶は、他の臭いが移らないように茶袋ごと茶缶に入れ、冷蔵庫に保管されることをお奨めします。
* 開封されましたら、なるべくお早めに御賞味下さい。

 
■お茶の成分と効能
成  分
カテキン類(お茶の渋味成分) 発ガン抑制、コレストロール低下作用、抗菌作用、虫歯予防
カフェイン 覚醒作用(疲労感や眠気の除去)、利尿作用、強心作用
ビタミンC ストレス解消、かぜの予防
βーカロチン 発ガン抑制作用
ビタミンE 抗酸化作用、老化抑制
γーアミノ酸(ギャバ) 血圧降下作用
フラボノイド 血管壁強化、口臭予防
多糖類 血糖低下作用
フッ素 虫歯予防
テアニン(アミノ酸の一種) 精神安定、リラックス、カフェインの拮抗作用
効   能
1 お茶はビタミンC、ミネラルが豊富なアルカリ性飲料です。
2 ノーカロリーです。
3 眠気を覚まし、精神活動を促します。(カフェイン)
4 体内での消毒、解毒作用又整腸作用を促します。(タンニン)
5 フッ素成分があり、むし歯予防になります。
6 最近では、細胞の突然変異(発ガンのもと)を抑制する作用があると言われております
7 O-157にも効きます。
▲ページTOPへ